[PR]

 安倍晋三首相は12日、スイスのベルセ大統領と首相官邸で会談し、北朝鮮対応などを協議した。スイスは北朝鮮と国交があり、ベルセ氏は会談後の共同記者発表で、「安全保障のため、関係者全てが包摂的に一緒に対話する形で行っていく必要がある」と指摘。安倍首相は「(対北朝鮮で)圧力維持の必要性、拉致問題の早期解決の重要性について、認識を共有できた」と語った。両首脳は租税回避や脱税への対策として、金融口座情報を交換することなどを確認した。

こんなニュースも