[PR]

 中国で民主活動家や弁護士らが当局に拘束された後、正式な逮捕や裁判の前にテレビで罪を「自白」するケースが近年相次いでいることについて、国際人権団体が当事者らに調査した結果を報告書にまとめた。「公安当局の脅しや拷問があり、セリフも用意されている」と指摘している。

 報告書は「シナリオと演出―中国テレビ自白の裏側」と題して10日に公表された。アジアを拠点とする人権団体「セーフガード・ディフェンダーズ」が作成。2013年からの5年間で、拘束された活動家らがテレビで「自白」した45件を調べ、当事者や家族らから直接聞き取りした。

 15年の人権派弁護士の一斉拘束事件で捕まった人や、香港の銅鑼湾書店の元店長らも含まれている。

 報告書は、当局が当事者を拷問したり、家族への不利益をほのめかしたりして罪を認めさせた▽シナリオを作った当局が当事者の服装まで決め、用意したセリフを覚えさせて「演技」させた――などと指摘。泣きながら罪を認めた「演技」に当局が満足せず、撮り直した例もあったという。

 また、報告書は多くの「自白」…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも