[PR]

 入学、進級、就職や異動で4月から新しい環境となった方も多いことでしょう。

 新生活に慣れてくる頃に行われる健康診断。冬場、動かずに食べ太りした体重測定が嫌でした。今の私は小さな字が見えない、ひざが痛いなど老化現象との付き合い方を模索している情けない次第でして、健康に特化した神仏とのご縁をより一層、深く感じています。

 そこで、今回は春の健康診断にちなみ、身体に御利益のある神仏の幾つかをご紹介します。健康診断の結果が出ている方も、これから健康診断の方も、息災を願いましょう。

6月4日は虫歯の日、歯の健康は?!

 少し先ですが6月4日は「6=む、4=し」ゆえに、全国虫歯予防デーです。

 京都には歯痛平癒の御利益スポットが多くあります。東寺の夜叉神は以前紹介したので、それ以外。

 伏見稲荷大社の南、墓地の中に立つ小さなほこら「ぬりこべ地蔵」は歯痛平癒で知られるお地蔵さま。人気の理由の一つははがき受付でも願いをかなえてくださるから。「京都ぬりこべ地蔵」だけで住所を書かなくても届くという、京都で有名なお地蔵さまです。

 御前には全国各地から届いたはがきの山。6月4日には法要が行われ、参列者には歯ブラシの授与品がふるまわれます。

 そして京都市役所の近くにある「白山神社」も歯痛平癒。江戸時代の後桜町天皇が歯痛の時、女官が白山神社の神箸と神塩を受け、天皇に献上するとたちまち治ったという言い伝えがあります。

 当社の神箸・神塩を社務所でいただき、痛む歯に神塩をつけて平癒を願うとのこと。「健康な歯でよくかむこと」が病気にならない基本なのかもしれませんね。

 歯でもう一つ、銭湯の営業時間…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら