【動画】JR延岡駅前の複合施設エンクロス=大山稜撮影
[PR]

 JR延岡駅前に完成した公共複合施設エンクロスで12日、報道関係者向けの内覧会が開かれた。目玉は「東九州最大のブック&カフェ」。閲覧用と販売用の本計約4万冊を備え、屋内の約250席で自由に読める。1階の「スターバックスコーヒー」などの飲み物も持ち込める。13日午前9時にオープンする。

 駅舎に通じる2階建て施設で、延べ床面積約1660平方メートル。市が約15億4千万円をかけて建設した。指定管理者は、レンタル大手「ツタヤ」を展開するカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC、東京)。

 CCCによると、「蔦屋(つたや)書店」の販売用約2万冊とは別に、趣味や料理、暮らしに関わる約2万冊をそろえた。1~2時間で読める本が基本で、文学など長時間を要する本は外した。閲覧用の本は背表紙下部のラベルなどで区別している。

 1階90席、2階166席、屋…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら