[PR]

 滋賀県彦根市の彦根署河瀬駅前交番で11日夜、交番勤務の巡査部長が拳銃で撃たれて死亡した事件。滋賀県警は11日午後11時すぎ、19歳の巡査の実名を報道各社に口頭で伝えた。理由として、事案の緊急性、悪質性を考慮したほか、犯行に使用した拳銃を持ったまま逃走しており、県民の不安を解消するためと説明している。12日午前0時半ごろには顔写真を提供。直後の広報文でも実名を発表した。

 少年法では、20歳未満の加害少年について、氏名や容貌(ようぼう)を推測させる記事や写真を新聞などに掲載してはならないと定めている。

 同日午前1時55分ごろに行方不明だった巡査の身柄の確保を伝える広報文を発表した際、県警は「地方公務員 甲 19歳 男性」と匿名に切り替えた。さらに、口頭で実名報道を控えるよう求めた。

 朝日新聞は関西地方の一部地域などで実名と顔写真を掲載した。拳銃を持ったまま逃走していた可能性があり、県警が住民に注意を呼びかけていたことから、一時実名で報じた。身柄の確保を受け匿名にし、写真の使用をやめた。

 読売新聞も一部地域で実名と写真を載せ、身柄確保後、匿名とし、写真の掲載を取りやめた。

 NHKは12日午前1時のニュースで、巡査の実名と写真を報じたが、身柄の確保を伝えたニュース以降は名前を伏せ、写真も出さなかった。

 一方、毎日新聞や産経新聞、日本経済新聞は、一貫して匿名で報道。写真も載せなかった。毎日新聞は「総合的に判断した」としている。