[PR]

 居酒屋チェーンの「串カツ田中」は12日、約180の大半の店舗で6月1日から全席禁煙にすると発表した。2020年の東京五輪・パラリンピックを前にした国や自治体による受動喫煙対策強化の流れを受けて判断した。チェーンの居酒屋が全席禁煙に踏み切るのは珍しいという。

 これまでほぼ全店で喫煙でき、分煙も数店舗にとどまっていたことから、家族連れの客らから禁煙を求める声が寄せられていたという。店の面積が平均約66平方メートルと狭く、フロアごとに分煙にする約20店を除き、喫煙専用室も設けない完全禁煙にする。「一時的に喫煙客が離れるだろうが、家族連れが増えて長期的にはプラスになる」(広報)としている。

 政府は3月上旬、受動喫煙対策を強化する健康増進法改正案を閣議決定した。成立すれば喫煙場所への未成年の立ち入りも禁止されるため、店舗の禁煙化は働き手確保の狙いもある。

<アピタル:ニュース・フォーカス・その他>

http://www.asahi.com/apital/medicalnews/focus/