生後4日で旅立った娘・里桜 花びらで帰ってきたのかも

有料会員記事

山下知子
[PR]

 春が来ると、福岡県春日市の札本景子さん(40)は桜の押し花をつくる。

 3月25日、満開の桜の木の下で、道ばたに落ちた花を一つ、また一つ拾い上げた。きれいな花を選んで、15個。ティッシュの上に一つずつ並べ、その上にもう1枚、ティッシュをかぶせ、雑誌に挟んでおく。

 花をもらう木は決まっている。

 福岡市南区介護施設「デイケアみなみ桜」の入り口そばのソメイヨシノ。10年ほど前、近所に住んでいた。その木を、札本さんは「りぃちゃんの桜」と呼ぶ。

 りぃちゃんは、長女の里桜(りお)さんのこと。2009年4月3日に生まれた。

 生まれる時、りぃちゃんは羊…

この記事は有料会員記事です。残り539文字有料会員になると続きをお読みいただけます。