[PR]

 親向けに会社説明会を開いたり、親が入社式に同伴したりと、就職活動への親の関わりが話題になって久しい。そんな中、今度は「内定者の保護者」に注目する企業が出ている。売り手市場で人材確保が厳しさを増す中で、家族ぐるみで仕事への理解を深めてもらい、長く働いてもらいたいとの思いがある。

 2月上旬、岐阜市の老舗旅館「十八楼」。厳かな雰囲気の広間に、JAぎふへの就職を控えた内定者の家族約50人が集まった。若手職員がJAについて説明し、各職場を職員自らが紹介する手作りのVTRが上映された。

 その後は役員を交えた食事会に。桜井宏組合長もテーブルに加わり、「ご家庭で農協改革は話題になっていますか」と内定者の家族に話しかけた。

 JAの担当者によると、内定者の家族向けの説明会は昨年スタートした。桜井組合長は「今は少子化の時代。親御さんも、お子さんがどんな職場で働くのか心配されていると思う。少しでも不安を取り除くことができれば」と話す。

 長女が就職するという各務原市の男性(47)は「親も不安だったので、こうした場を作ってくれてありがたい。どんな仕事をするのか理解できたので、アドバイスできる場面もあると思う」と話した。

 愛知や岐阜でジュエリー・リサ…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら