高島屋、電子タグを導入 背景に人手不足、業務を軽減

有料記事

高橋末菜
[PR]

 高島屋は9月から、商品の管理に電子タグを採り入れる。従業員の負担を軽くし客の待ち時間も減らす。コストがかさんで一度は断念したが、人手不足を背景に再挑戦する。木本茂社長が13日の取材に明らかにした。

 百貨店の従業員は、在庫を探しに売り場から離れた倉庫まで行くことが少なくない。電子タグを導入すれば、専用端末で在庫の状況を瞬時に把握できる。

 東京や関西の計7店の婦人靴売り場で導入する。靴はサイズや色など選択肢が多く、効果が大きいと判断した。ほかの商品や店にも広げたい考えだ。

 取引先メーカー約70社に協…

この記事は有料記事です。残り262文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!