【動画】事件発生から13年半後の容疑者逮捕を受け、被害者の家族が記者会見した=新谷千布美撮影
[PR]

 広島県廿日市(はつかいち)市で2004年10月、県立廿日市高2年の北口聡美さん(当時17)を殺害したとして、広島県警が13日に殺人容疑で逮捕した会社員、鹿嶋学容疑者(35)=山口県宇部市=が、容疑を認めていることがわかった。広島県警が会見で明らかにした。

 鹿嶋容疑者の逮捕容疑は、04年10月5日午後3時ごろ、北口さん宅で、北口さんの胸や首などを刃物のようなもので刺すなどして殺害したというもの。

 この日北口さんは午後2時ごろに帰宅し、離れの自室にいた。母屋にいた祖母と妹が悲鳴を聞いて駆けつけると、玄関付近で北口さんが血まみれで倒れ、そばに若い男が立っているのが目撃されたが、逃走した。

 現場となった北口さん方の離れ1階のドアノブからは指紋、爪の中の皮膚片からDNA型を検出。今月中旬になって、山口県警が捜査していた別の暴行事件で捜査対象だった鹿嶋容疑者の指紋やDNA型が、現場で遺留されていたものと一致したことが判明した。

 広島県警によると、鹿嶋容疑者が県内に住民票を移した形跡はないという。今後、北口さんとの接点や動機について調べを進める一方、事件の際に現場に居合わせ、首などを切りつけられて一時重体となった祖母に対する殺人未遂容疑でも捜査する。

■「まじめだった」容疑者勤務先…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら