[PR]

 平昌五輪フィギュアスケート金メダルの羽生結弦選手(23)の祝賀パレードが22日に仙台市内で開かれるのを前に、地元は早くも熱気を帯びている。66年ぶりの五輪連覇の偉業に、主催者は4年前より多い12万人の観客を見込む。記念Tシャツは飛ぶように売れ、ネットでの転売も横行。ホテルは軒並み満室だ。

 県や仙台市などでつくる実行委員会は警備などパレードの運営費用に充てるため、1枚2500円のTシャツ約8万枚の販売を計画している。インターネットや一部コンビニで4日から受け付けを始めた。4万4千枚の割り当てのうち、12日夜までに予約が4万3600枚に達した。Sサイズしか残っていないという。

 11日には約8千枚を仙台市内…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

無料会員の方に有料会員限定記事を無料公開しています。 ※一部記事を除く

無料会員に登録いただくと続きをお読みいただけます。すでに無料会員の方はログインして続きをお読みください。

無料会員の方に有料会員限定記事を無料公開しています。 ※一部記事を除く