[PR]

 河野太郎外相は14日、トランプ米大統領が英仏両国と共同でシリアのアサド政権に対する攻撃に踏み切ったことについて、「情報収集をしている。シリアの化学兵器が本当に使われたとすると、北朝鮮とつながりがある。日本としてもひとごとではないのが現実だ」と述べた。

 奈良市であった自民党奈良県連の会合で講演して触れた。安倍晋三首相と「相談することになるだろう」とも述べ、政府対応の検討を進める考えを示した。(田嶋慶彦)

こんなニュースも