[PR]

 昨春の選抜高校野球大会で優勝した大阪桐蔭で主将を務めていた福井章吾が進学した慶大でこの春、好スタートを切った。東京六大学リーグが東京の神宮球場で14日に開幕し、開幕試合の東大戦の八回、代打で右前へ適時打。初打席で初安打初打点を記録した。

 福井は三回ぐらいからスイングをして準備していたという。「オープン戦では結果が出なくて悩んでいたが、代打しかないのは分かっているので。思い切って振った結果だと思います」とほっとした表情を見せた。打球は決していい当たりではなかったが、二塁手の頭を越えた。

 慶大に入部してから強豪校・大阪桐蔭でプレーしてきたことは思いのほかプレッシャーになっていた。「オープン戦で打席に立って、『あいつは打つだろ』『うまいだろ』という目で見られている気がした」。しかし、リーグ戦が始まり、気持ちを入れ替えた。「大阪桐蔭にいたことは事実です。でも今は慶大に入ったので、大阪桐蔭の看板は一度下ろして、『慶大の福井』として、立ち止まらずに行きたいと思います」としっかりと口調で語った。(坂名信行)