[PR]

 福岡県苅田町の山あいにある等覚寺(とかくじ)地区の白山多賀神社で15日、国指定重要無形民俗文化財で千年以上続く山伏の祭り「等覚寺の松会(まつえ)」があった。大勢の人が伝統の祭りを楽しんだ。

 会場は境内の松庭。獅子舞や鬼会では、観客の間に面をかぶった男たちが分け入り、笑いを誘う場面もあった。ふもとの白川小の児童を中心とした田打ちや田植えなどの田行事、山伏の白装束を着た男たちによるまさかり舞、なぎなた舞の刀行事と続いた。

 クライマックスは全国で唯一とされる幣切り神事。ホラ貝が鳴り渡る中、祭りの主役である施主が、松庭に立てられた高さ約10メートルの松柱をよじ登り、頂上で刀を振り下ろして幣串の竹を切り落とすと、息をのんで見守っていた観客から大きな拍手が起きた。

 今年の施主を務めた大学2年の…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら