[PR]

 熊本県は15日、熊本市出身の人気漫画「ONE(ワン) PIECE(ピース)」作者の尾田栄一郎さんの県民栄誉賞贈呈式を開いた。尾田さん本人は欠席したが、古里への熱い思いのこもった直筆のメッセージを寄せた。

 ワンピースは、週刊少年ジャンプ(集英社)で20年以上連載が続くヒット作。尾田さんは熊本地震の被災地支援のため、無償でイラストを提供するなどしていた。ただ、あまり公の場に姿を現さず、取材でも「顔出しNG」で知られる。贈呈式には尾田さんの両親とジャンプの編集長らが代理で出席した。

 メッセージは「僕は、故郷なんかもう捨てた、未練はないとイキがっていました」と上京当時の心境を明かしたうえで、「今持てる自分の力で親や故郷に恩を返していく事も当然の流れかと思います」と今の思いを述べ、被災者に対して「今後も自分にできる最大限のエールを送り続けたいと思います」とつづった。(大畑滋生)