[PR]

 野生動物写真家の中西安男さん(62)が写真展「追われゆく命~知られざる野生動物の世界~」を越知町の町立横倉山自然の森博物館で開いている。6月10日まで。

 中西さんは高知市立動物園の元職員。飼育担当係長などを務めた後、2009年に退職し、動物の知識や趣味のカメラの腕を生かして野生動物専門の写真家として活動を始めた。

 注目作品は、子どものニホンカモシカを撮った6点の組み写真だ。16年8月に馬路村の山中で出会った雌のカモシカで、中西さんは「アイ」と名付けた。野生のカモシカの写真を30年近く撮り続けており、動物園時代にはカモシカの飼育も担当するなど強い関心があった。その後も何度も撮影に山へ通った。

 だが、17年2月、冬場の餌不…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

関連ニュース