[PR]

 徳島市の阿波踊りを主催してきた市観光協会が累積赤字を抱え、徳島地裁から破産手続きの開始決定を受けた問題で、協会は16日、決定の取り消しを求めて即時抗告した。

 協会によると、全国の個人や企業から寄せられた協力金は約3億3千万円にのぼり、協会が持つ現預金約1億5千万円と合わせれば、約3億8千万円の債務を返済でき、当面の協会の運営資金についてもめどが立ったとしている。高松高裁で決定が取り消されれば、今夏の阿波踊りの準備を進めるという。

 市が破産手続き開始を申し立てた3月1日以降、阿波踊りの有名連(グループ)が所属する「阿波おどり振興協会」が中心となり、寄付や融資を呼びかけていた。寄せられた協力金については、今後の阿波踊り事業の収益で返済していくという。

 今夏の阿波踊りを巡っては、徳島市は観光協会に代わる主催団体として、市を中心とした実行委員会を今月中に立ち上げる方針。昨年まで共催者だった徳島新聞社も市の運営に協力する意向を示している。(佐藤常敬)