[PR]

 線路も道路も走れるDMV(デュアル・モード・ビークル)の導入を計画している徳島県などの第三セクター、阿佐海岸鉄道(本社・海陽町)が、製作中の新車両3台のデザインと愛称を募集している。

 同社は2020年までに、世界初の営業運転を目指している。車両3台を発注しており、第1号は年内にも完成する見通しだ。

 阿佐海岸鉄道のホームページ(http://asatetu.com/別ウインドウで開きます)から応募用紙をダウンロードする。愛称、デザインともに応募は1人1作品(車両デザインは3台分で1作品)に限る。デザイン、愛称共にコンセプト(200字以内)を併記する。デザインのコンセプトは3台共通でも別でも可。

 応募は郵送(〒775・0501 徳島県海陽町宍喰浦正梶22の1)またはメール(info@asatetu.com)で。デザイン、愛称それぞれ採用となる最優秀1作品(副賞1万円相当の特産品など)と、優秀2作品(同5千円相当の特産品など)を選ぶ。5月31日(郵送の場合当日消印有効)締め切り。(福家司)