[PR]

 プロ野球のオリックスは16日、6月と7月の計3試合で着用する特別ユニホームを発表した。あらゆる方向に線が描かれているのが特徴。縦横無尽にグラウンドを駆け抜ける選手たち、ファンの声援などを「幾何学的」に表現したという。

 着用する試合は、6月24日のソフトバンク戦「Bsオリ達デー2018」、7月8日のソフトバンク戦「Bsオリ姫デー2018」、同16日の日本ハム戦「Bsオリ姫&オリ達デー2018」。いずれも京セラドーム大阪開催のホーム試合。

 同イベントで着用した一昨年の「チェック柄」、昨年の「ヒョウ柄」と比べると落ち着いた印象だ。実際に袖を通した近藤大亮投手は「スピード感があっていい」、大城滉二選手も「肌触りがいいですね」と気に入った様子だった。

 6月24日と7月8日の2試合において、各日1万4千枚限定でオリジナルユニホーム付きチケットを前売り販売する。イベントの詳細は球団公式ホームページで発表する。(辻隆徳)

こんなニュースも