[PR]

 兵庫県宝塚市の宝塚音楽学校で17日、106期生の入学式があった。競争率24・1倍の難関を突破した40人が晴れやかな笑顔を見せ、タカラジェンヌへの第一歩を踏み出した。

 グレーの制服姿の新入生たちは1人ずつ名前を呼ばれると、「はい」と大きな声で返事をして起立。小林公一校長から「大いに成長することを期待しています」と歓迎の言葉を受けた。

 新入生を代表して、木村鞠菜(まりな)さん(大阪府吹田市出身)が「清く正しく美しくの教えを守り、立派な舞台人になれるよう、限りない芸の道に精進することを誓います」と決意を語った。

 生徒たちは歌やダンスなどを2年間学んだ後、宝塚歌劇団に入団する。(太田康夫)