[PR]

 財務省の福田淳一事務次官が女性記者にセクハラ発言を繰り返したと週刊新潮が報じた問題で、財務省は調査結果を発表した。

 菅義偉官房長官は16日午後の記者会見で、「任命権者である財務相が対応していくべき話だ」と語り、対応を財務省に任せる姿勢を強調した。

 不祥事対応を一手に引き受け、いくつもの更迭劇を主導してきた菅氏だが、今回は前面に出ないままだ。もともと首相の盟友である麻生氏への遠慮があるうえ、森友学園との国有地取引をめぐる文書改ざん問題で矢面に立つ麻生氏の顔をつぶすわけにはいかないという事情も重なる。

 13日に音声データが出てきたことで、首相官邸内では「もうもたない。辞任だろう」「主計局長は予算が成立して余裕があるので、(福田氏更迭後の)事務次官を兼ねればいい」など福田氏の早期辞任はやむを得ないとの声が大勢を占めていた。16日の財務省の対応はそうした考えと大きく異なるが、官邸は容認せざるを得なかった。

 そもそも、セクハラの被害女性…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも