(ヒット!予感実感)「のむとうふ」、クリームスープのよう 「ザクとうふ」に続く挑戦

有料記事

佐藤亜季
[PR]

 「1日5千丁出ればヒット商品」といわれる豆腐業界で、昨年4月の発売初日に20万本を売った商品がある。それが豆腐メーカー、相模屋食料(前橋市)の「のむとうふ」だ。その名の通り、飲む豆腐なので、数え方も「丁」ではない。スーパーの豆腐売り場で独特の存在感を放っている。四角い容器の見慣れた豆腐が並ぶ中で、カップ型容器に「Nomu TOFU」と英字をあしらったしゃれたデザインが目を引く。思わず手に取った。

     ◇

 「豆乳ではない、まったく新しいおいしさ!?」。キャッチフレーズも興味をそそる。豆腐をドリンクにすると豆乳なのでは、という疑問が浮かんだが、されはさておき、早速、飲んでみた。一口飲んでびっくり。クリームスープのようにやさしくまろやかな味わいだ。「おいしい!」。思わず口に出た。確かに、豆乳とはひと味もふた味も違う。濃厚でコクがあって、とろみもあるので、小腹を満たすのにぴったりだった。

 なぜ、豆乳と違うのか。豆乳…

この記事は有料記事です。残り2059文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!