[PR]

 東京都立高校で2016年7月、男子生徒が水泳の授業中にプールに飛び込んで頭を打ち、大けがをした事故で、都教育委員会は16日、生徒に飛び込みを指示した同校の男性体育教諭(45)を停職6カ月の懲戒処分にし、発表した。

 都教委によると、教諭はプールの水深が満水時より約10センチ浅いと知りながら水面から約1メートルの高さに差し出したデッキブラシの柄を越えて飛び込むように指示。生徒はプールの底で頭を打った。生徒は飛び込みの指導を受けたことがなかった。教諭は都教委の聞き取りに「申し訳ないことをしてしまった。反省している」と話しているという。

 都教委はこの事故を受け、17年4月から都立学校の体育の授業や校内大会では水中からのスタートとし、プールへの飛び込み指導を原則禁じている。