[PR]

 屋久島町が建設を進める新庁舎が、再び火種になりつつある。町が「20億円を超えない」と説明していた総事業費がさらに増えることがわかり、事業規模が大きすぎると批判していた住民団体が反発。さらに建設現場でトラブルも発生していたことが判明した。

 「総事業費は20億円を超えない」と住民に広報していた町の説明が変わったのは3月の町議会。本体建設費に加え、駐車場や道路の周辺整備費などを含めると総額が約22億6千万円になり、移転費用などもあってさらに増えると議員に報告された。

 町は、新庁舎建設にかかる「20億円」には周辺整備費を含まない、という認識で、これまでに住民や町議会に説明をし続けてきたとしている。

 「総事業費」とは、事業費のど…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら