[PR]

 安倍晋三首相は16日夜、自民党の岸田文雄政調会長と東京・西麻布の焼き肉店で約2時間会食した。岸田氏は「ポスト安倍」候補の一人とされ、今秋の自民党総裁選に首相の3選阻止に向けて立候補するのかに注目が集まる。岸田氏は会食後、記者団に「(総裁選について)いろいろな意見交換をした。ただ、具体的に決まったことはない」と語った。

 岸田氏の説明によると、森友・加計問題や自衛隊の日報問題などによる内閣支持率の低迷も話題になった。岸田氏が「大変難しい状況だ。しっかり心を引き締めて対応しなければいけない」と指摘すると、首相は「その通りだ。政府としても説明責任を果たすつもりだ」と述べたという。