[PR]

 安倍晋三首相は17日午後、トランプ米大統領と会談するため、米フロリダ州・パームビーチに向けて政府専用機で羽田空港を出発した。安倍首相は出発前、首相官邸で記者団に「北朝鮮、経済の問題について日米の連携を確認し、強固な日米同盟の絆を発信したい。じっくりひざを交えて話をしたい」と語った。

 首脳会談は2日間にわたりトランプ氏の別荘で行う予定。北朝鮮による日本人拉致問題についても「米朝首脳会談に向けて、解決に向かって前進するよう全力を尽くす。トランプ大統領とすりあわせをしたい」と述べた。経済については「インド太平洋地域の成長を日本と米国がリードするという共通認識にたって意見交換したい」と話した。

 首相は南北首脳会談と米朝首脳会談を前に、北朝鮮政策で引き続き最大限の圧力を維持することでトランプ氏との一致を目指すほか、拉致問題を米朝会談で取り上げるよう要請する。一方、トランプ氏は対日貿易赤字の解消に焦点を当てており、日米自由貿易協定(FTA)や具体的な赤字削減策も議題になるとみられる。