[PR]

 新学期が始まり、大学キャンパスには新入生の活気があふれる。ただ、発達障害の学生の中には、高校までとは違う自由な環境に戸惑う人もいて、つまずきやすい時期でもある。発達障害と診断されるケースは増えており、スムーズに学生生活を送れるように大学が支援に乗り出している。(山根久美子、波多野陽、金子元希)

緻密なプレゼンに感嘆

 3月下旬、大阪府豊中市の大阪大。4月から主に関西圏の大学に入る10人が集まった。大学生活を3日間にわたり体験し、自分の課題や必要な支援を入学前に探るのが目的だ。模擬授業では、発達障害で壁になることが多い対人関係や社会性を必要とするグループワークやプレゼンテーションをあえて取り入れた。

 「ぼくはこのデータも入れた方がわかりやすいと思う」「こ、このグラフを、そこに挿入しよう」。たどたどしく、不安そうに話す学生をスタッフが「自分で交渉してごらん。大学はこういう場面増えるよ」と促した。

 発表では、アニメーションや写真、緻密(ちみつ)な情報を盛り込んだプレゼン資料が登場した。能力の高さに、参加した教授陣からは感嘆の声が漏れた。

 この企画は大阪大キャンパスラ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら