[PR]

 バンコク発のタイ国際航空660便(ボーイング747―400型)が今月11日、羽田空港に着陸しようとした際に、高度が下がりすぎていることを知らせる警報が作動したため着陸をやり直すトラブルがあった。国土交通省が17日、深刻な事故につながりかねない重大インシデントに認定し、発表した。国の運輸安全委員会が原因を調査する。

 国交省によると、同機は11日午後11時50分ごろ、羽田空港の北東約8キロ、高度約170メートルを飛行中、地面や海面に近づきすぎていることを操縦士に知らせる「対地接近警報装置」が作動した。このため同機はいったん上昇し、着陸をやり直したという。乗客乗員384人にけがはなかった。(伊藤嘉孝)