[PR]

(17日・プロ野球 広島7―4ヤクルト)

 広島の田中が2度の勝ち越し打を放った。

 まずは同点の二回1死満塁。ヤクルトの先発原の変化球を右前へ運び、2人を生還させた。もう一本は再び同点に追いつかれた直後の四回だ。1死三塁から、今度も変化球を右前に適時打した。どちらも「チャンスだったので必死にいった。いいところで一本が出てよかった」。

 六回には右手に死球を受けていったんベンチに下がり心配されたが、最後までプレーした。緒方監督が「うちはタナキクマルが得点源だから」と信頼を置く一人が役目を果たし、首位に浮上した。

     ◇

 ○畝投手コーチ(広) 四回途中4失点で降板した先発九里について「しょっぱなから打たれて乱れた。次回については考える」。

 ○松原チーフトレーナー(広) 六回に死球を受けた田中について「今日はアイシングをする。病院に行くかは経過を見て判断する」。