[PR]

 滋賀県彦根市の河瀬駅前交番で11日夜に井本光(あきら)巡査部長(41)が部下の男性巡査(19)=殺人容疑で逮捕=に拳銃で撃たれて死亡した事件から18日で1週間になる。安心、安全を守る砦(とりで)の交番で警官が警官に銃口を向けた衝撃は、市民はもちろん、警察内部にも広がっている。

 県警によると、男性巡査と井本巡査部長が外から交番に戻ったのは11日午後7時15分。交番の防犯カメラには一緒に弁当を食べる様子が映っていた。争うような様子はなく、同7時47分、いすに座っていた井本巡査部長が机に突っ伏して倒れた。後頭部と背中を拳銃で撃たれていた。

 男性巡査はパトカーで逃走し、コンビニエンスストアに寄ってATMで50万円を引き出し、たばこなどを購入。さらに逃走中、住宅の縁石にパトカーをぶつけ、近くの田んぼにパトカーを放置した。制服の上着やチョッキは脱いで、拳銃が付いたベルトは近くに捨てた。事件発生から約6時間後、パトカーから約1・5キロ離れた踏切内の線路を歩いていたところを確保された。拳銃を約4時間にわたって捜査員と捜した後、殺人容疑で逮捕された。

2度目の「2人勤務」で

 男性巡査は高校時代は野球部に…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら