[PR]

 任鍾晳(イムジョンソク)・韓国大統領秘書室長は17日の記者会見で、準備委員長を務める27日の南北首脳会談で、北朝鮮の非核化の意思を確認し、首脳会談の定例化を目指す考えを示した。会談では南北共同宣言も検討しているという。さらに、南北米の3カ国による首脳会談の開催にも意欲を示した。

 任氏の発言は、米朝首脳会談で非核化合意に達した場合、改めて南北会談を開き、経済協力などを本格的に協議する意欲を示したものとみられる。

 任氏は首脳会談を成功させるため、必要があれば大統領府の鄭義溶(チョンウィヨン)国家安保室長を改めて訪朝させる考えも表明。20日ごろまでに南北首脳間のホットライン開設が終わるとの見通しも示した。金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長の妻李雪主(リソルチュ)氏が板門店を訪問することも期待していると語った。(ソウル=牧野愛博)

こんなニュースも