[PR]

 サッカーのアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)は17日、1次リーグ最終戦が各地であり、G組のセ大阪が敵地で広州恒大(中国)に1―3で敗れ、出場3大会目で初の1次リーグ敗退が決まった。

 すでに2年連続の決勝トーナメント進出を決めていたH組の鹿島は本拠で水原(韓国)と対戦し、0―1で競り負けた。1次リーグ2位通過となり、決勝トーナメント1回戦は上海上港(中国)と対戦する。