[PR]

 桜もちやスナック菓子、富山ブラックコロッケにホタルイカ――。富山県の北アルプス・立山連峰のふもとに、富山の名物や個性的な具材を挟んだサンドイッチを販売するコンビニがある。カツサンドなどの定番の商品と共に、多い時には約100種類が並び、ネットでも話題を呼んでいる。

 富山県と長野県を結ぶ立山黒部アルペンルートへ向かう道中にあるコンビニ「立山サンダーバード」(富山県立山町)。伊藤敬一さん(77)が、長男の敬吾さんら家族と営んでいる。大手コンビニに対抗するため、5年ほど前から工夫を凝らしたサンドイッチを提供するようになった。

 サンドイッチ作りのコンセプトは「食べてうまかったらすぐ出す」。以前に手がけていたお弁当作りの経験を生かして、食材や調味料を組み合わせたり、客の要望に応えたりして新商品の開発を繰り返す。

 ネットでは「斬新すぎる」などと評価され、「個人の店だから色々試しやすい。ネットで反応がすぐ見えて、楽しんで作っています」と敬吾さん。現在は、手早く作れるものや人気商品を中心に50種類ほどを販売している。

 3月から5月末ごろまでが漁期…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら