写真・図版

[PR]

 国内に推計1330万人の患者がいる慢性腎臓病(CKD)。腎臓の働きが徐々に悪くなり、進行すれば、透析や腎移植が必要になる。食事や生活習慣を改善し、進行を遅らせることが重要だ。腎臓の働きを維持させようと医師や看護師、管理栄養士らが連携する取り組みが少しずつ広まっている。

 千葉県習志野市に住む男性(71)は2014年、近くの診療所で高血圧と肥満を指摘された。尿と血液の検査を受けると、腎臓の機能が悪化していることが判明。腎臓が悪いという実感はなかったがその後、東京医科大病院に検査入院し、管理栄養士から食事指導を受け始めた。

 米の量や塩分を控えるよう言われ、ご飯は茶わんに7分目にした。ウォーキングも始め体重は減り、腎臓の働きを示すクレアチニンの指標は悪化せず維持できている。「具体的な指示のおかげ。医師から『このままだと透析が必要になる』とも言われ、変わらなければと思った」

 CKDとは腎臓の働きが徐々に…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら