長崎新幹線、JR九州「フル規格」要望 時間短縮に効果

有料記事

女屋泰之
[PR]

 九州新幹線長崎ルート(長崎新幹線)の整備方法についてJR九州の青柳俊彦社長は18日、フル規格での整備を望むことを正式に表明した。同日朝、都内で開かれた与党の検討委員会に出席して語った。委員会は近く長崎、佐賀両県からも意見を聞き、7月中をめどに結論を出す方針。

 委員会後に取材に応じた青柳社長は、フル規格のメリットとして時間短縮効果が最も高いことなどをあげた。一方、ミニ新幹線は、工事中に在来線の運行に影響が出ることから「解決すべき課題がある」とし、新型車両フリーゲージトレイン(FGT)は「運営が困難」と改めて強調した。

 委員会後、山本幸三委員長は報道陣の取材に「営業主体の意向として非常に重い意見」と話した。

 フル規格については、佐賀県

この記事は有料記事です。残り228文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!