[PR]

 福岡県吉富町の運送会社アイエヌライン(奈賀幾次郎社長)が、町をPRする言葉を車体に書いた大型トラック3台の運行を始めた。「よしとみ探してみ?」「九州で1番小さい町」などと迫力満点にプリントされており、沿道の人に強くアピールしている。

 町は昨年、定住を呼びかけるパンフレットを作製。表と裏表紙に、「縁起良すぎな町名」「実は女子力高め」をはじめ、「目指さなくてもコンパクトシティ」「大分県なの? 福岡県なの?」といった自虐ネタも盛り込んだキャッチフレーズをびっしり書き込んだ。役場や駅、観光地などに置くと話題になった。

 今回、同社から「地方創生にもつながる」と、話題のパンフに使ったフレーズを生かしたトラックラッピングの提案があり実現した。

 トラックの荷台は高さ2・6メートル、幅は側面が9・6メートル。後部が2・4メートル。文字のほか、地図も使って町をPRしている。関東、関西方面まで走るという。

 13日に同町直江の同社で出発式が行われ、関係者約50人がトラックを送り出した。

 町企画財政課の担当者は「走る広告塔として、町のことを知らない人に興味を持ってもらうきっかけになれば」と話している。(小浦雅和)