メルカリ、6月にもマザーズ上場 時価総額2千億円超も

[PR]

 フリーマーケットアプリ大手のメルカリ(東京)が、6月にも東京証券取引所新興企業向け市場「マザーズ」に上場することで調整していることが分かった。上場した場合、株式の時価総額は2千億円を超える可能性があり、今年に入って最大の新規上場になる見通しだ。

 メルカリは上場で調達した資金を、米国などの海外への展開強化や新しいサービスの開発に充てる。

 メルカリは2013年に創業。不要になった洋服などをインターネット上で個人同士が簡単に売り買いできる仕組みをつくり、1日100万点超が出品されるまでに急成長した。一方で、額面以上の価格の「現金」や盗品などの不正な出品が相次いで問題にもなり、同社は昨年12月、出品時の本人確認を強化するなど対策を進めてきた。