常陸宮妃華子さまは18日、東京都港区のホテルで開かれた「第42回アジアの祭典・チャリティーバザー」を訪れた。昨年9月に腰椎(ようつい)変形性脊椎(せきつい)症の治療で一時入院したことなどから、単独での公務は昨年5月以来になる。

 バザーにはアジア諸国約20カ国の在日大使館などが参加し、特産品などを販売。華子さまは約1時間かけて、杖をつきながら各国の店を見て回った。中国の店でパンダのぬいぐるみを見て「シャンシャンだ。可愛い」と話し、ぬいぐるみと魚の壁掛けを購入したという。(緒方雄大)