[PR]

 文化の研究拠点「SEIKAクリエイターズインキュベーションセンター」が、けいはんな学研都市に新設された。精華町や京都精華大、情報通信会社などが協力し、サブカルチャーやデジタル技術を生かした地域づくりに取り組む。

 場所は、木津川市と精華町にまたがる府の施設「けいはんなオープンイノベーションセンター(KICK)」の一角。1、2階の延べ630平方メートルを約4千万円かけて改装し、テレビ会議システムなどの設備を整えた。

 新拠点では、ゲームや漫画、アニメ、デジタル技術の分野で新たな産業をつくり、そこに関わる人材の育成をめざす。サブカルチャー関連のイベントを開くほか、科学関連のワークショップやセミナーも開く。京都精華大の学生らにも利用してもらう。

 精華町で催される「SEIKA…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら