[PR]

 大相撲の春巡業「柏場所」が18日、柏市中央体育館で2日間の日程で始まった。同市では2年連続の開催で、約2千人が詰めかけた。各地の春巡業で力士が土俵で子どもたちに稽古をつける「ちびっこ相撲」に女児の参加が認められなかったことが明らかになる中、この日も参加したのは男子だけだった。

 白鵬、鶴竜、稀勢の里の3横綱を含めて力士、親方、行司ら約260人が参加。力士との稽古には市内の柏相撲少年団の幼稚園児から中学3年までの16人が挑んだ。地元出身の十両隆(たか)の勝(しょう)にぶつかった小6の朝倉玄樹さん(11)は「あこがれの力士でうれしかった。勉強になる」と喜んだ。

 ちびっこ相撲を巡っては、日本相撲協会が安全面を考慮して女児を土俵に上げない方針を決め、巡業地に申し入れた。柏場所の実行委員会は協会からの要請の有無や、子どもたちの募集方法などを明かしていない。

 同少年団には女子5人も含めて…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら