拡大する写真・図版 高見勝代さんの名が残る石版=長崎市三ツ山町

[PR]

高見三明さん(1946年生まれ)【上】

 日本国内に40万人以上の信者がいるカトリックの教会組織の中で、東京、大阪、長崎にしかない「大司教区」の一つ、長崎大司教区で教区長を務め、今年で15年になる。

 カトリック長崎大司教の高見三明(たかみみつあき)さん(72)=長崎市=は、呼びかけることを絶やさない宗教者だ。いわく、「黙っていたら、黙認していると思われますから」。

 歩む道は、長崎の「痛みの歴史」の延長線上。先祖は江戸時代の初めにローマに渡った仙台藩のキリシタンだったが、日本に帰ったときにはすでにキリスト教が禁じられており、長崎に逃れて「潜伏キリシタン」となった。厳しい迫害をかいくぐりながら、脈々と信仰を受け継いできた、と伝わる。

 長崎の原爆では、母方の親族を亡くした。自身は母親のおなかの中にいた「胎内被爆者」でもある。戦後に生まれ、熱心な信徒だった父の導きもあり、聖職者の道へ進んだ。

 長崎の信仰と原爆と平和。高見さんのルーツと、その半生とともに、考えた。

 高見さんのルーツをたどると、…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら