[PR]

 2006年トリノ五輪のフィギュアスケート女子で日本初の金メダルを獲得した荒川静香さん(36)が世界殿堂入りすることが決まった。同殿堂が17日に発表した。日本からの世界殿堂入りは、1992年アルベールビル五輪女子銀メダルの伊藤みどりさん、全日本選手権男子10連覇の記録を持つ佐藤信夫さんに続いて3人目。

 荒川さんは04年世界選手権を制覇。グランプリ(GP)シリーズは04年のNHK杯で優勝し、シリーズ成績上位で争うGPファイナルは03年に3位、04年は2位となり表彰台に2度上がった。全日本選手権は2度制した。(時事)

こんなニュースも