[PR]

 岐阜県東濃地方が舞台のNHK連続テレビ小説「半分、青い。」にちなんだソフトクリームが18日、同県中津川市のJR中津川駅前「にぎわい特産館」で発売された。

 市内の川や棚田もロケ地となったことから、中津川観光協会が地元を売り出そうと考案。同館の定番商品「栗きんとんソフト」に、青い色素とソーダ香料を加えたバニラ味のソフトを合わせた。今月初めから試験販売し、客の声を聞きながら色と味を夏向きに調えた。

 名前は「青い中津川ソフト」。ドラマが終わる9月末まで1個350円(税込み)で販売する。(森川洋)