拡大する写真・図版 完成したニンテンドーラボの模型

[PR]

 家庭用ゲーム機「ニンテンドースイッチ」に工作の楽しさをプラスする「ニンテンドーラボ」が、20日発売になる。段ボールを組み立てて釣りざおやピアノなどをつくり、ゲーム機の操作に使う。「ゲームはまだ早い」といわれる、幼い子どもがいる家庭にも、「知育玩具」として受け入れられるか。

 切り込みが入った段ボールのシートからパーツをくりぬいて模型を組み立てる。スイッチ本体やコントローラーと合体させて遊ぶ。「バラエティキット」(税別6980円)には、リールをまわして魚つりゲームができる「つり」や、鍵盤を押すと音が出る「ピアノ」など5種類の工作キットとソフト1本が入っている。

 記者も体験してみた。作ったのは、胴体の左右にコントローラーを差し込んだ6本足の動物のような「リモコンカー」。スイッチの画面に映る立体的な動画説明を参考に、シートからパーツをくりぬき、折り目を付けたり組み合わせたり。

 組み立て方の指示はわかりやすく、10分ほどで完成した。本体の画面にタッチすると、差し込んだコントローラーが無線で振動し、トントン相撲のような要領でリモコンカーが進んだり曲がったりした。

 スイッチのコントローラーには…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら