[PR]

 東京電力は18日、自動運転による電気自動車(EV)バスの運用を福島第一原発構内で始めた。作業員の移動手段として使われる。東電によると、自動運転の車が実用化されるのは国内初だという。

 EVバスはフランスのナビヤ社製で15人乗り(10席)。運転席はなく、中央の扉から入ると「コの字」型に座席が設けられている。GPSなどで位置を測りながら、あらかじめプログラミングされたルートを走行。障害物は車に取り付けられた光センサーが検知する。

 入退域管理施設と休憩所との間(往復約2キロ)を1日6~7往復する。安全面から、当面は緊急時に対応するオペレーターが同乗。問題がなければ、入退域管理施設と免震重要棟との間(同約4キロ)、見学者用のルート(約5キロ)を追加する。将来は完全な無人運転化や公道での走行をめざすという。

 運行を管理する東電の小林哲典…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら