[PR]

 ブータンのトブゲイ首相が18日、首都ティンプーで朝日新聞と会見した。昨夏、中国との係争地で、中国軍とインド軍がにらみ合った問題について、今後も緊張が高まる事態は起こりうるとしながらも、「国境をめぐる話し合いを(中印と)続けており、良い方向に向かっていく」と述べた。両大国のはざまで難しいかじ取りを迫られながらも、双方と友好関係を維持するとした。

 中国軍とインド軍は昨年6月から約2カ月半にわたって、ブータン西部のドクラム地域で一触即発のにらみ合いを続けた。ドクラム地域は中国とブータンの係争地で、インドにも近い。

 にらみ合いのきっかけは、ブータンが「自国領内」と主張する地域で中国軍が道路を建設したこと。ブータンは「国境線は維持されるべきだ」と反発。ブータンに駐留するインド軍が現地へ向かった。ブータンはインド軍から兵器を供給してもらったり、兵士を訓練してもらったりして、安全保障面で頼っている。

 さらに、経済でもインドに長く依存してきた。最大の貿易相手国もインドだ。トブゲイ氏は「ブータンのヒマラヤからすべての川はインドへ流れていくように、貿易も投資もすべてインドへ、というのは自然なことだ」と話した。

 ブータンは2000年代以降、中国との国交樹立へ向けて動いたが、これに反発するインドが13年に経済支援の一部を突然廃止したため、立ち消えになった。トブゲイ氏はインドとの関係について「どんなに良い関係でも小さな課題はある」と述べるにとどめた。

 また、ブータンは今年、立憲君…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら