[PR]

 福岡県内の複数の神社で今月、偽造とみられる1万円札が見つかった事件で、福岡市内の神社の防犯カメラに、不審な男が映っていたことが19日、神社関係者への取材でわかった。県警も把握しており、通貨偽造・同行使の疑いもあるとみて調べている。

 福岡市内の神社では11日午後、巫女(みこ)が前日午後からの経理を締めるために1万円札を数えていた際、色が異なる2枚の札に気がついた。巫女は「青っぽく、旧札が交じっているのかと思った」と説明。2枚は同じ札番号でホログラムは貼り付けたものだったという。

 神社が確認したところ、境内の…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら