[PR]

 兵庫県宝塚市で6日に開かれた大相撲春巡業「宝塚場所」で土俵上でのあいさつが認められなかった中川智子市長(70)が19日、東京都墨田区の日本相撲協会を訪れ、「土俵上は女人禁制という伝統に基づく方針について、見直しの議論を始めること」などを求める要望書を提出した。文書での回答を求めており、芝田山広報部長(元横綱大乃国)が受け取ったという。

 要望書では他に、「巡業において、開催地首長のあいさつは男性女性を問わず同じ場所ですべきであり、土俵上か土俵下かは別として、平等に同じ場所とすること」「千秋楽の表彰式や巡業での首長あいさつなど、セレモニーにおいては、女性も男性と同じように土俵に上がれるよう、議論を始めること」を求めた。

 市長は「(芝田山部長が)理事会で議論を始めると明言した」と明かし、「真摯(しんし)に対応してもらった。一刀両断で議論しないと言われることもありえると思っていたからよかった。しきたりであり、差別の意識はないという話だったが、見直す時が来ている」と改めて訴えた。理事会での結論を受けて、半年後にまた協会を訪れるつもりだという。

こんなニュースも