[PR]

 いちき串木野市で高齢者が週に1回、体を動かして介護予防を目指す「ころばん体操」が広がっている。「転ばない」ための体力づくりだけでなく、高齢者の間に交流のきっかけができることで孤立防止にもつながっているという。

 ころばん体操は、同市が厚生労働省の「地域づくりによる介護予防推進支援モデル事業」として公民館単位で普及に取り組んでいるもので、市地域包括支援センター保健師の中袴田洋絵さんらが、岡山県津山市で普及していた体操プログラムを参考に導入した。

 2015年1月に第1号としてスタートした島平上公民館には3月22日、三反園訓知事が視察に訪れた。

 体操に知事も加わって、約40…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら