[PR]

 プロボクシングの元世界王者の高山勝成(34)=名古屋産大=が19日、自身のアマチュア登録が不当に拒否されているとして、日本ボクシング連盟と日本オリンピック委員会を相手取り、日本スポーツ仲裁機構に調停を申し立てた。

 高山は昨年4月、2020年東京五輪出場を目指してプロ引退を表明。しかし同連盟の山根明会長からは「プロ(経験者)は認めることができない」とアマ転向を拒まれている。また今年3月には大阪市内の連盟の大阪事務局に転向を認めるよう求める約2万5千人分の署名を持参したが、対応してもらえなかった。

 高山本人は東京五輪まであと2年と迫る中、「もう時間がない」とすると、代理人の岡筋泰之弁護士は「現時点で門前払いの状態。話し合いのテーブルについてもらうため」と理由を説明した。

こんなニュースも